LastUpdate 2006-05-16 00:08:00

クロージング 登記 測量 調査

●遊休地利用のための測量・境界確定
 クライアントが所有する地方都市にある工場用地の敷地内に実際に稼働していない部分が存在し、その部分を有効に利用するため、境界確定後土地分筆登記を行う業務を受託。開発行為を行って完成した工場の敷地内にあるため都市計画法及び工場立地法に関しても事前に調査し、関係諸法令に適合した利用計画になるように助言を行った。

事業規模:約20,000㎡ クライアント:日系大手メーカー子会社 対象地域:近畿地方

●減損処理後の資産売却の伴う測量・境界確定
 大手メーカーが保有している遊休資産を、外資系金融機関の子会社であるTMKが資産流動化計画に基づいて購入するため、前段階の境界確定につき売主サイドから受託。実際の測量及び境界確定業務はもとより、購入前に治癒すべき瑕疵・購入後の利用に関しても考慮し、売主及び買主双方に説明することでスムーズに取引が行われることに寄与した。

事業規模:保養所4ヶ所 計約12,000㎡ クライアント:日系大手メーカー 対象地域:中部地方・中国地方

●開発行為(宅地分譲)
 大手食品メーカーが社員寮として使用していた土地を分譲住宅用地とする業務を受託。クライアント・工事施工者・建物設計者等との連絡・調整を行い、嵐闥ハりに完了した。

事業規模:約1,500㎡ クライアント:デベロッパー 対象地域:東京都内

●開発行為再瑞ソの調査及び対象土地・建物の調査・測量
 対象地は過去に開発行為瑞ソが行われていたが、計画通りに施行されておらず、資産としての有効利用の可否についての調査を受託。対象土地に関して官公庁関係課を調査し、現地の測量を行うことで、利用可狽ノするために必要なアドバイスを行った。

事業規模:敷地約30,000㎡ 建物6棟 クライアント:日系VC 対象地域:九州地方

●ファンド組成のための新築物件の建物侮ヲ登記
 新規不動産ファンド組成に伴い、そのファンドに組み込まれる嵐閧フ新築物件につき不動産侮ヲ登記を行った。クライアントが行う初めてのファンド組成であったため、司法書士部門と連携し、レンダー・法律事務所など関係機関との調整まで含めたアドバイスを行うことで、正確で迅速に案件を終了させた。

事業規模:賃貸住宅6棟 クライアント:デベロッパー 対象地域:東京都内
Copyright(c) 2004, Anchor Corporation. All Rights Reserved.
Since 2003.02.01